生き方を変えた、がん克服日記④

コンプレックスを美しさに変える
湘南台メイリー、南辻です^^
(自己紹介はコチラ★)

只今お正月休み中につき、予約投稿にて
がん克服日記をお送りしておりますm(__)m
(ここまでは③までをお読みください)

本日も長文にお付き合いください。

転院した都内のがん専門病院で、
腹腔鏡手術で胃を3分の2摘出しました。

オペ室に入るとき、両親の顔を見て一生分の親不孝をしたと思いました。
これから先は、親に絶対に感謝して生きようと心に誓いました。

術後ですが、5日くらい何をしても全身が痛く、
あまり記憶がありません。

5日くらいたって食事トレーニングが始まるのですが
たった1本のカロリーメイトを食べるにも
30分かかるくらい、しかも吐く。

咀嚼して飲み込むと、体の中に別の生き物がいて
それがうごめく、という感じです。

頭は回っているのに、体がついていかない。
ものすごくもどかしいのです。

たった3分の2だけど、体の一部を取るとはこういうことなのかと。

早く自由にうごきたい、

何かしたい、

その気持ちが日に日に強くなっていきました。

告知されたときに、ああすればよかったと思ったことを
退院したらやることリストとして、
ベッドの中でスマホに書き留めてました。

そのうちのひとつが、
サロンを起業する、なのです。

2週間ほどで退院し、自宅療養になりました。

退院後1か月は基本的に食っちゃ寝生活。
だらだらテレビを見ている自分がいやでした。

生活の変化が色々ありました。

まず、朝のルーチン。

入院中のタイムスケジュールに合わせ5時半に目覚めてしまいます。
寝たきりだと臓器が癒着しやすくなるそうで
座る、できれば歩くよう主治医に言われました。

自宅から1キロ離れた公園へ、
痛いのを我慢しながら毎日散歩するようになりました。


それがやがて、歩きから走りへ。
現在の趣味であるマラソンを走るきっかけとなりました。

食の好みも変化がありました。
もともと私はお酒が好きなので甘いものが苦手でした。


術後は1度にわずかの量しか食べられないのですが、
少しの量で高カロリーが摂れるものを体が欲しているのか
スイーツを毎日食べるようになりました。
今では、スイーツ食べ歩きが趣味です。

術後2か月くらいたってから外出するようになりました。
活動量に対しての栄養摂取量が足りず、
少し動くと貧血で倒れたりしてました。

それでも出かけられることがものすごく嬉しかったです。

3か月くらいたってから、痩せ始めました。
私はもともと太めだったので、良い機会と考え以前の服を捨てて、
以前だったら躊躇するような細身の服に買い替えました。
おしゃれが楽しくなりました。

術前は、仕事やこれからのことがあんなに不安だったのに
退院して、少しずつ色々何かに挑戦していくうちに
病気になる前よりも、気持ちが前向きになっていきました。

結果として助かりはしましたが、
自分は大丈夫とおもっていても、
人はあんなにも簡単に死と隣り合わせになる。

人生は1度きりなのだから
後悔しないでやることをやろう!!
そう心に誓いました。

本日もお読みくださりありがとうございます^^
明日で最終回です。

★1月7日より通常営業★
コンプレックスを自信に変える
本格ネイルケアと手描きアートのサロン
湘南台メイリー ネイル&アイラッシュ
ご予約はコチラから↓

RESERVA予約システムから予約する

Follow me!